茨城県涸沼川シーバス釣り、涸沼川で釣ったシーバス食べられる?

釣り




涸沼川でシーバス釣り

涸沼川大貫橋付近

冬の水温低下で、

この時期どこのポイントでも、徐々に釣れる魚が少なくなってくる、

魚を釣りたい、今時期でも魚影の濃いところはどこかと試行錯誤した結果。

少し遠征をしてみた。

釣り場のルールを確認しよう

しん
しん

釣り場のルールを確認してから始めよう

12月下旬、さすがに朝は寒い、

朝早起きをして、6時に現地到着、

さすがにシーバス人気スポットこの時期でも結構な込み具合です。

12月下旬でも青イソメ餌のぶっ込み釣りで、セイゴ、フッコ釣果が期待できる。

さっそく準備をして、釣を開始してみた。

ポイント

この大貫橋周辺は、どこでも釣れます。

あえて周りの方より釣果を延ばすとしたら、

深くなっている所を探してそこに仕掛けを投入することです。

シジミ取りをしている漁師さんの周りなどはポイントです。

しん
しん

シジミ取りの漁師さんの邪魔は絶対しないで下さい。

仕掛け・餌

今回使った仕掛けをご紹介します。

イシモチ、セイゴ用の銅付き仕掛けをオススメします。

必ず釣具店では置いてあると思います。「OWNER(オーナー) 胴突イシモチ五目 10号 Amazon」

仕掛け選びのポイントは、仕掛けに飾りの無いものを選んでください、針は少し大きめの針でも口が大きい魚ですので問題ありません。

ビーズとか付いていないシンプルな仕掛けの方がだんぜん食いがいいです。

銅付き仕掛けは、アタリが明確に伝わってくるので断然オススメです。

おもりですが、上の写真のような三角形のおもりを使うとさらにいいと思います。

どうしても川ですので流れがあります、仕掛けが流されないようにした方が良いのでおススメで釣具店に安く売られています。

餌は青イソメです。

必ず、生きのいい青イソメを購入して下さい。

本日の釣果

情報通り、よく釣れるね~。

朝10時頃までは、セイゴクラスが頻繁にヒットしてくる。

食べる目的なので、20㎝クラスのセイゴ、5匹程度持ち帰る。

あとは全てリリースしました。

午後から潮が変わったのか、一番おいしいサイズと言われる、

35㎝~50㎝のフッコサイズが顔を出す。

このサイズが3匹はど釣れたので食べてみるため、持ち帰る事にした。

うれしい珍客も顔を出します。

美味しいハゼもよく釣れます。

そしてこいつもよくヒットしてきます。

引きは抜群の鯉くんですね~即リリースしました。

まぁ~いろいろ楽しませてくれる大貫橋での釣行でした。

食べる場合は血抜きを忘れずに!大きめのバケツも忘れずに!

釣ったシーバス(セイゴ・フッコ)調理

とにかくさばいてみました。

すでに美味しそー

綺麗な白身ですねぇ~。

食べるつもりでいたので、血抜きをしっかりしておりましたので・・・

ガーリック味のムニエル

白身がフワフワで美味しかった~

こちらは、セイゴクラスを調理いたしました。

臭みも全然なく、オススメの調理です。

フライ(シンプルに)

サクサクフワフワでこちらも美味しかった~

フライは、セイゴクラスとフッコクラス両方調理しましたが、

どちらも臭みなど無く、オススメの調理です。

外はサクサクで中はフワフワでとても美味しい一品です。

塩焼き

セイゴクラスを塩焼きにしてみました。

ちょっと生臭いかな~

白身部分は全然気になりませんが、

皮が少し気になるのかもしれません。

その時その時期の個体にもよるのでしょうが、今回は少し気になりました。

お刺身

お刺身は止めておきました。

食べられるとは思いますが、火を通して食べることをオススメします。

涸沼川シーバス食べられるのか、まとめ

  • 普通に美味しく食べられました。
  • 汽水地なので、大丈夫だと思います。
  • 持ち帰るときは、血抜きをするといいです。
  • フッコクラスは身がフワフワで美味しい。
  • 海ではないので、お刺身は遠慮したほうが無難。
タイトルとURLをコピーしました