アイアン家具の素材、黒皮鉄の魅力とサビについてお伝え致します。

アイアン家具雑貨製作




アイアン家具素材と言えば鉄ですが、

鉄って何色だかご存知でしょうか?

もちろん黒に決まってると思った方多いと思います。

 

正解は、

ステンレスに似た、シルバー色のピカピカした素材なのです!

なぜ?黒いイメージが強いか?

素材として販売されている鉄材は、黒皮(クロカワ)と言われる、
製造時の熱間圧延できる酸化被膜で覆われています。

これが黒っぽい色をしています。

この黒皮鉄を活かしたインテリアがアイアン家具やアイアン雑貨となるわけです。

黒皮部分のごつごつした感じと、
削って光った部分が何とも言えない雰囲気を出してくれます。

特に、男前のオシャレ部屋やインダストリアル風の部屋にするためには、
欠かすことのできないアイテムが、黒皮鉄と言うことになります。

 

しかしこの黒皮鉄に一つ問題があるのです。

それは サビ(錆)です。

 

男前インテリアやアイアン家具が好きな方の中には
塗装なんかしない鉄そのままがいい、
サビがカッコイイ~と言う方も多いと思います。

 

すご~く分かりますm(__)m。

 

 

しかし黒皮鉄を剥がした所は非常にサビやすく、
一日もすれば、赤くすぐ、サビてきます。

こんな感じです

これが赤さびです。

黒皮鉄を削ってそのまま放置して置くと、こんな感じになってしまいます。

こんなの嫌ですよね~。

 

そこで登場するのが黒皮鉄の感じも残しつつ、
サビも抑えて、長持ちさせるには・・・

と悩んだ結果この方法にたどり着きました。

黒皮鉄の雰囲気を残すエイジング加工
 ※難しくありませんので是非お試し下さい。

1、初めに、光らせたい部分を先にグラインダーなどで削っておきます。

2、そして、一度艶消しブラックで塗装します。

3、スコッチブライトでいい感じになるように少しずつ削っていきます。

4、いい感じ削ったら、仕上げに艶消しのクリアーで、軽く塗装します。

 

どうですか~。

これですと、黒皮鉄のアンティーク感も演出できますし、
黒皮鉄のごつごつ感も残し、サビの腐食も抑えられる良い方法だと思います。

 

最後にm(__)m
黒皮鉄の特徴を理解して、男前なオシャレな部屋やインダストリアル風、
アンティーク感のあるオシャレなカフェ店など、
幅広くアイアン製品を楽しんで頂きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました