2回目の根管治療 充填~土台編

日々の出来事




根っこの治療結局6回で完了

結局、根っこの治療と消毒を6回(6日)かかってようやく終了となった。

はっきり言って、かなりしんどいです・・・。

しかしながら6回目に先生から

これで根っこの治療は終わりですと、きれいになってますと。

ようやく終わったかと一安心した直後、次のステップに入っていきます。

根管充填治療

何度か経験があったので、だいたいの流れは想像できていました。

根管と言われる、根っこの部分に詰め物を入れる治療です。

感覚は痛いも何もないのですが、先生がとにかく早く慌てて作業しているのが、こちらからも分かります。

根っこが綺麗なうちに詰めていかないとならないのでしょう。

唾液がはいると細菌が入り、せっかくの治療も水の泡になってしまうからです。

充填作業が一番重要な作業です。

以前の治療でダメだった要因が、この根管の充填にありました。

レントゲンを治療前に撮って頂くのですが、

この充填が根の奥まで詰まっておらず、そこからバイ菌が入り、膿がたまって激痛のもとになっていたからです。

良い歯医者であれば、ここで一度レントゲンを撮り直し、充填具合を確認すると思います。

今回の先生は、レントゲンを撮り、充填具合を確認され、画像を見ながら説明もされました。

充填が問題なければ、歯の状態にもよりますが、

私の場合は、歯がほとんど残っていませんでしたので、コアと呼ばれる土台がかぶせられました。

この土台の上に、

最終的なかぶせものが装着されるのだと思います。

根っこの治療、消毒(リーマーでぐりぐりされる治療)が終わると、根っこ充填や土台生成は、痛みなどなく今まで嘘のような治療です。

しかしここで思わぬ辛い治療が待っていました(笑)

歯の型取り

最悪の処置が待っていました。

歯の型取りです。

ピンク色のねんどのような、ゴムのような物を、上の歯に押し当てられ、

「少しそのままにして下さいね~」

と先生から言われましたが、なにせ口の中に水がたまるだけでもいやな私にとって地獄の辛さでした。

おぇ~

おぇ~

の連続でした。

「続けて、下の歯もとりますね~」

地獄再来でした。

口の中に異物が入るのが苦手な方は、先生に前もって伝えておいたほうが良いかもしれません。

まとめ

充填~土台までくれば、終わったも同然です。

根っこの治療が無事に終われば、そんなには辛くありません。

せっかくここまで治療してきたので最後まで、

型取りは最悪ですが、終わらせるようにしましょう。

不要になった釣り具やキャンプ用品買取

釣り用品買取【リサイクルネット】

ダンボールに詰めて自宅で待つだけ。

ご自宅まで無料で集荷に伺います。

送料無料、査定無料、梱包材無料、手数料無料。 専門の査定員による高価買取に自信あり!

※フリマアプリでの売買のように出品、配送手間がなく 専用の段ボールで自宅集荷いたしますので、非常に簡単です。


日々の出来事 歯医者
スポンサーリンク
自作自由人をフォローする
自作自由人
タイトルとURLをコピーしました