自分で会社を作った理由

社長業




給料が合わない

正社員として12年ぐらい勤めていました。

仕事もそれなりに覚え、新入社員や、新しい下請けさんに仕事を教えたり、現場責任者になったりと忙しくなってくる。

人の面倒を見る事でストレスも多くなってくる。

それでも仕事を任せられる人が少なく、大変な作業や、難しい作業は自分がやらなければならない。

責任感はあったので、任された工事をまとめ上げた。

しかし、出来ると思ってくれたのは有難いが、次から次と任せられ、精神的肉体的にきついと感じる。

ここまでやっても給料はさほど上がらず、仕事とストレスだけ増え、

手取り平均22万ぐらいなら

自分で会社を作ろうと考え出した。

社長に疑問を感じた

仕事ができなかった頃は、やさしく、よく面倒を見てもらっていた。

いい社長だな~と思っていた。

ある時、自分のおやじが腹痛で倒れ、病院に駆けつけると、

胃と腸の間にがんが見つかり、助かる確率も低いと医者から告げられる。

手術をすることになったが、50万が必要だった。

その頃は、まだ若く貯金などない。

即、社長に電話をし、事情を話し、50万貸してほしいとお願いした。

この時言われた社長の一言は今でも忘れられない。

「おれは銀行じゃね~んだぞ」と・・・

クルーザーやジェットスキー、高級車乗り回していても、

従業員の父親が、

がんで手術する費用、たった50万貸せない社長だった。

自分に自信があった

10年以上やっていると、他社から声を掛けられる事がたびたびあった。

引き抜きではなく、独立を促すものが多く、

なおさら、心が揺れ動くことがよくあった。

一度やった仕事のお客様からも、次も指名されることも良くあり、

独立しても、やっていけるんではないかと思っていた。

また、自分と組んで仕事をしたい、

ほかの人とはやりたくないと言う、若手が何人か現れ、

そうとう自信がつき嬉しかったのを覚えている。

社長になるのが夢だった

実家は、共働きの決して裕福な家庭ではなかった。

漠然とですが、社長になりたいと、どこか思っていました。

何がやりたい、とかではなく、とにかく自分で会社を作り、

金持ちになりたい(社長=金持ち)単純な思いだったと思います。

思いは叶う、ではないですが、心の奥底でいつも思っていると、

自然と夢に向かって行動し、近づいてしまうものだと、今思います。

部活の部長だったり、クラス長だったりしてました。

社長になったばかりは、大変過ぎて、夢だった事は忘れて飛んでいました。

人に使われるのがいや

これが一番の要因だったと思います。

自分より単に年上だったとか、地元の先輩だからとか、

実力がないのに命令されたり、ほんと嫌でした。

社員の自分が頑張って、いい仕事をして辛い仕事をこなしても、

結局、仕事を取った、社長や会社が認められ株が上がります。

やっぱり使われていてはダメだし、使う側に行かないと何も変わらないのです。

今、自分で会社を作り仕事をしていて、

結局、お客さんに使われているので、たいして変わらないきがしますが、

そこは全然ちがいます。

ただ使われてるのではなく、仕事の依頼があり、

やるかやらなかの選択しは、こちら側にある、ということが全然違います。

不要になった釣り具やキャンプ用品買取

釣り用品買取【リサイクルネット】

ダンボールに詰めて自宅で待つだけ。

ご自宅まで無料で集荷に伺います。

送料無料、査定無料、梱包材無料、手数料無料。 専門の査定員による高価買取に自信あり!

※フリマアプリでの売買のように出品、配送手間がなく 専用の段ボールで自宅集荷いたしますので、非常に簡単です。


社長業
スポンサーリンク
自作自由人をフォローする
自作自由人
タイトルとURLをコピーしました